Menu

こだわりの方法でプログラミングができる

フリープログラマになりたての人にとって大変なのが、長く付き合っていけるクライアントを獲得することです。
そのため、システム開発会社に属している時に、クライアントに優秀なプログラマとして名前を覚えてもらっておくことが大切です。その結果、独立して日が浅いせいで仕事の依頼があまり無い時に、会社組織時代の顔見知りのクライアントから別のクライアントを紹介してもらえるケースがあります。
また、動的なホームページを請け負う時には、デザインのセンスが必要になるので、プログラミングのテクニックを身につけると同時にデザインの勉強をしておくとビジネスの幅が広がります。

やはり、フリーの魅力は、自分のプログラミングのこだわりを前面に出してシステム作りができるということです。会社でプロジェクトに参加する時に立場が弱いと、なかなか自分の意見を通すことは難しいものです。
自分の今までの経験から得た自由なイマジネーションを、思い切り使ってシステムを完成させることができた時には、会社組織にいた時にはあまり感じることができなかった満足感や充実感を得ることができます。
また、いろいろなコストを抑える工夫をすることで利益を増やせたり、優秀なきれいなコードを書ける人を新たに雇って大きなプロジェクトを成功させた結果、最初は従業員も少なくて小さかった会社をどんどん大きく成長させるというビジネスの楽しみを持つことができるのも魅力です。

このように、独立することで大変なことが1つもないとは言えませんが、なにより自身が求めるエンジニアとしての満足が得られるという点ではフリーに転身するのも1つの手だと思います。フリーランスとして活躍してみようかと悩んでいる方は、まずはこちらの『フリープログラマ推進部』というサイトを覗いてみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です