Menu

フリープログラマに必要な自発的に学ぶ姿勢

プログラミングしやすい環境が日々整ってきているため、プログラミングするために必要なスキルがあまり高くなくても簡単なコードを書くことができるようになってきています。
また、若い時期から趣味でプログラミングに慣れている人も多いため、かなり若い段階から独立してフリーのプログラマになる人も増えています。

技術的なスキルが高くても、実際にクライアントからのリクエストを理解して形にすることが苦手な人がいます。
クライアントと打ち合わせをする時に、相手の言っていることをきちんとすぐにイメージできるようになる必要があります。クライアントのリクエストをよく理解してなくてシステムを作ってしまい、修正のために何度も打ち合わせをしなくてはならなくなる事態は避けるべきです。

クライアントから依頼があった時に、自分の知識が足りないせいで断らなくてはならなくなるケースがあります。
クライアントから依頼を受けた複雑なシステムを作る時にだけ自分の知らないコードの書き方を学ぶのではなく、常日頃から自分が知らないプログラミングの知識を習得する姿勢が大事です。
積極的に自分からスキルを上げるための努力をすることで、クライアントの要求以上のサービスを提供することができます。また、自分のプログラミングの能力以上のプロジェクトにも積極的に参加することで、システムを完成させた時にプログラミングスキルのレベルをはるかに上げることができます。
このように、独立後も自己研磨することが大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です